活性酸素除去はエアナジープラス

HOME > 活性酸素とは?

活性酸素とは?
活性酸素とうい言葉をご存知でしょうか。濃い酸素?活きてる酸素?活性化した酸素?どこかで聞いたことがある方でも、正確にはどんなものなのかわかりませんよね。
活性酸素とは、酸素が化学的に活性になった化学種を示す用語です。一般的に非常に不安定であり、酸化力が強いという特徴があります。

皆さんもご存知の通り、酸素は呼吸によって肺に取り込まれ、血液によって体の隅々まで供給されています。人間が生命を維持するために酸素は不可欠な存在です。
摂取した食物の栄養素などを酸素によって燃焼させて、エネルギーを生成して私たちは活動しています。
肺に吸い込んだ酸素の内、約四分の一が体内に取り込まれますが、その内の約2%が活性酸素になります。

私たちが呼吸をすると、細菌・ウイルス・様々な化学物質が体内へ侵入してきますが、活性酸素は体内に進入してきた細菌やウイルスを死滅させてくれます。なんとなく「身体に悪いもの」と認識されている活性酸素は、身体を健康に保つための免疫システムで重要な役割を果たしているのです。

活性酸素は諸刃の剣
ご説明したように、活性酸素は侵入者(細菌やウイルス)から身体を守るものです。
しかし、活性酸素が過剰になると酸化力が強いために体内の細胞を酸化させてしまいます。

「酸化」とは物質が酸素と化合する反応のことで、身近なもので説明すると、鉄が錆びて茶色くなったり、りんごの切り口が変色したりするのが酸化です。
活性酸素は非常に酸化力が強いため、体内で過剰に発生すると細胞を錆び付かせてしまいます。
錆びた釘が本来の役割で使えなくなるのと同じように、酸化した細胞は正常な働きをすることができず、様々な疾病や老化の原因となっています。
具体的には、細胞の脂質やたんぱく質、DNAが傷ついて、脂質が過酸化脂質になったり、たんぱく質の性質が変わったり、DNAの遺伝子情報が変化したりして、細胞・組織・臓器の機能が低下してしまいます。

どうして活性酸素が過剰に発生してしまうのか。
SODが20歳でピークを迎えて40歳で半減私たちの体内には、過剰になった活性酸素を除去するためのSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という酵素が存在します。
このSODの働きによって体内の活性酸素量は適性に保たれているのですが、加齢やその他の原因によりSODを作る能力は20歳をピークに40歳までに半減すると言われています。
また、現代社会は活性酸素を増やす要因が増え、体内のSODだけでは過剰になった活性酸素を除去し切れなくなりました。

その要因とは、大気汚染、紫外線、加工食品、農薬や食品添加物、化粧品の化合物、医薬品、汚染された水道水、電磁波、たばこ、ストレス、放射線など、私たちの生活で関わりを断つことのできないものばかりです。

活性酸素が増えすぎると・・・
世界各国の研究機関で、活性酸素と様々な疾病の因果関係が日々研究されています。
学者さんの考え方により差はあるものの、多くの疾病はこの活性酸素と何らかの関係があり原因となっていると考えられています。
逆に考えれば、過剰に発生した活性酸素を除去することができれば、疾病の予防やなかなか治らなかった病気が治る可能性があると言えるかもしれません。

活性酸素が原因と言われている疾病

血管系疾患 血管の老化・高血圧・動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中・脳梗塞・狭心症
内科系疾患 癌・糖尿病・喘息・肺気腫・白内障・肝炎・腎炎・肝硬変・胃潰瘍・腸管潰瘍・性欲減退
皮膚科系疾患 アトピー性皮膚炎・シミ・ソバカス・くすみ・シワ・肌荒れ・火傷
特殊な疾患 膠原病・てんかん・パーキンソン病・ベーチェット病・川崎病・関節リウマチ・レイノー病・アルツハイマー病
その他 花粉症・鼻炎・冷え性・肩こり・便秘・疲労・二日酔い・飛蚊症・耳鳴り・痛風
エアナジープラスの実力